鬼滅の刃

鬼滅の刃170話のネタバレとあらすじ

戦いを切り抜けた伊之助、カナヲそして善逸は満身創痍ながらも無惨目掛けて向かっていると偶然にも合流した一向____。

鬼滅の刃170話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

前回のネタバレはこちら

鬼滅の刃169話のネタバレとあらすじ不死川実弥(風柱、玄弥の兄)がピンチな中駆けつけてきた柱最強の男、悲鳴嶼行冥(岩柱)は鉄球(日輪刀)を振り回して黒死牟(上弦の壱)に攻撃...

170話のネタバレ

戦いを切り抜けた伊之助、カナヲそして善逸は満身創痍ながらも無惨目掛けて向かっていると偶然にも合流した一向。

一方、柱とともに串刺しになっていた時透無一郎(霞柱)は自力で刺さった刀を抜き取った。すぐにでも助太刀に向かいたいが、体格が小さい無一郎は失血死するであろう。死ぬならせめて黒死牟(上弦の壱)を倒して役に立たなければ、と止血を終え黒死牟の元へ向かっていると両腕と胴体を切断された玄弥と遭遇する。

玄弥はまだ生きており、無一郎に胴体をくっつけることと、黒死牟の切り落とされた髪の毛を喰わせるよう頼んだ。玄弥も無一郎同様死ぬ前に少しでも役に立って戦うことを望んでいた。

一方、痣が発現した悲鳴嶼に対し、残念だと黒死牟は言った。痣が発現したものは”例外なく”25歳を迎える前に死ぬ、27歳の悲鳴嶼は今宵のうちに死ぬだろう。

悲鳴嶼は黒死牟の発言に対し、虚偽を指摘した。痣が発現しても尚25歳を超えて生き続けた”例外”がいたということを。黒死牟は鋭い指摘に動揺し、動揺を隠すように悲鳴嶼に攻撃した。

傷が深く動くのもやっとの不死川実弥(風柱)にも痣が発現し、黒死牟に斬りかかった。実弥の斬撃で隙ができ、悲鳴嶼が黒死牟の背後から鉄球を飛ばす。

異なる呼吸を持つ者同士が物凄い速度で連携して技を繰り出す姿を称賛する黒死牟。2人は以前から柱同士で稽古を行っていたためお互いの動きを熟知しており、抜群の連携力であった。

次回、満身創痍ながらも痣を発現させ、連携技を繰り出す悲鳴嶼と実弥。戦いは有利に動くか____。
171話「変ずる」

これまでのネタバレ

鬼滅の刃169話のネタバレとあらすじ不死川実弥(風柱、玄弥の兄)がピンチな中駆けつけてきた柱最強の男、悲鳴嶼行冥(岩柱)は鉄球(日輪刀)を振り回して黒死牟(上弦の壱)に攻撃...

続きの話のネタバレ

異常な長さの刀を持つ黒死牟
鬼滅の刃171話のネタバレと前回のあらすじ黒死牟に胴をまっぷたつに叩き切られてしまった玄弥。鬼食いでなんとか復活しようと、黒死牟から切り離された髪束を食らう。すると、脈動が激しく...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。