鬼滅の刃

鬼滅の刃179話のネタバレと今後の展開|不死川玄弥はこのまま死亡する?

黒死牟は縁壱の顔を浮かべながら静かに消滅していった。辛くも勝利した鬼殺隊メンバーたちだったが、払った犠牲は非常に大きかった。まだ傷は浅い悲鳴嶼に比べて、指が切り落とされた不死川実弥、胴体を真っ二つにされた時透無一郎、そして頭を両断されてしまっている不死川玄弥。はたして、無一郎と玄弥の生死は……

鬼滅の刃179話のネタバレ予想

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回178話のおさらい

・黒死牟の回想は続く
・縁壱が家を去ってから10余年、とあるきっかけで成長した縁壱と再会することになる
・縁壱の剣術の腕はさらに極められており、人格も粗がなく黒死牟は再び嫉妬と憎悪に支配される
・黒死牟は鬼狩りとなるべく縁壱のもとで修行を始めて、痣の発現と月の呼吸の習得を成し遂げる
・しかし痣が発現すると若くして死ぬと知り、自分は一生縁壱を超えられないと絶望する
・鬼舞辻無惨と出会い、無限の命を得るために鬼と化し修羅の道を歩むことになる黒死牟
・黒死牟は死に際に、大嫌いだったはずの縁壱の顔だけがはっきりと浮かび、人生を悔いながら消えてゆく

涙を流す黒死牟
鬼滅の刃178話のネタバレあらすじ|黒死牟が鬼になった理由とは黒死牟の回想では、幼少期の縁壱との想い出が語られる。その想い出は決して美しいものではなく、才能や強さなどすべてを持つ縁壱への、憎悪とも言...

179話の簡易ネタバレ

・無一郎は静かに息を引き取り、回想で兄である有一郎と出会う
・こちらに来るなという有一郎に対して自分は幸せだったと言う無一郎
・一方、悲鳴嶼は玄弥の様子を見に行くがすでに瀕死であった
・気絶した実弥を玄弥の元へ連れていく
・鬼として崩れ消えてゆく玄弥を見て、実弥は慟哭する
・そんな実弥に対して、玄弥は以前母が鬼化したときに兄へと放った恨み言について謝罪する
・2人死亡した悲しみに暮れる暇もなく、悲鳴嶼と実弥は無惨討伐を強く誓う

玄弥が消えてゆく中涙を流す実弥

180話のネタバレはこちら

無惨に取り込まれそうになりながら抵抗する珠世
鬼滅の刃180話のネタバレと今後の予想|現在の鬼舞辻無惨はどうなっている?黒死牟戦を終えて、しかし払った犠牲は大きかった。無一郎は死亡し、玄弥は鬼化したまま灰となり消滅した。悲しみに暮れるまもなく、実弥と悲鳴嶼...

今後の展開のネタバレ予想

黒死牟はちゃんと消滅する?

これまで数話かけて黒死牟の過去が描かれてきましたが、今回で黒死牟自身の回想は終わるのではないかと考えられます。

理由としてはいくつかあって、黒死牟の行動基準となる縁壱が寿命を迎えるまでのストーリーを黒死牟目線で一通りなぞっていること。そして縁壱が後生大事に持っていた笛を今度は黒死牟が持っていて、灰になった黒死牟からそれが出てきて縁壱に本音(辞世の言葉)を残していったことが挙げられます。

「キーアイテムが出てきて」「辞世の言葉を独白する」というのは、散り際の演出としては鉄板であり、178話をもって黒死牟は消滅したと考えるのが順当なのではないかと思います。

時透無一郎と不死川玄弥は死亡する?

無一郎は助からない可能性が高い

手足が斬られ、最期には胴体も真っ二つにされていることから、残念ながら生存できる可能性は極めて低いと考えるのが妥当です。

黒死牟に食らいついている時に、無一郎自身「死を常に意識していた」ことから、自分が死ぬだろうことははっきりと理解していたのではないでしょうか。

玄弥は鬼になる可能性が残っている

不死川玄弥は、人間であれば即死してしまう攻撃を受けていますが、黒死牟の刀を喰って鬼化していることからギリギリ生きながらえている可能性があります。

ただし、回復に使える鬼の部位がないため、再び鬼を喰って復活という線は薄いと予想できます。
そこで残されているのが、鬼となって生きながらえる道。

鬼喰していることを知って実弥が激怒したことがあったり、黒死牟の刀を喰って鬼舞辻無惨の声が聞こえるようになったり、作中で説明はされていませんが鬼食いは大きなデメリットを持つ可能性が高いです。

鬼舞辻無惨の声が聞こえるようになる玄弥

そのデメリットとして一番濃厚なのが「鬼の血に身体を蝕まれていく」こと。
玄弥はこれまで相当数の鬼を喰っていると思われるので、鬼の起源である無惨の血を身体に取り入れ続けているのと同義です。

よって、玄弥が死に瀕した際に、鬼の血を受け入れ自分から鬼になるのか、無惨が現れて血を与えて鬼になってしまうという展開は可能性の1つとしてありえそうです。

次の戦いはどうなる?

順当に行けば、上弦の肆である鳴女戦の続きが描かれ、最後に鬼殺隊総動員で鬼舞辻無惨戦を迎えることになりそうです。

禰豆子が襲撃されるかも?

しかし、以前も予想しましたが、無惨は禰豆子をひたすらに狙っていて、一方で禰豆子は「人間に戻る薬」を投与されてとある場所に匿われています。
とある場所とはおそらく元炎柱である煉獄家で、鱗滝左近次の他、煉獄父や宇髄天元が敵の襲撃に備えています。

禰豆子が人間に戻ってしまうと、無惨が欲しがっていた「陽の光を浴びても死なない鬼」がいなくなってしまうことになります。
そのため、禰豆子が人間に戻る前に無惨が急襲を仕掛けて来る可能性もあります。

鳴女によって煉獄家のメンバーごと無惨屋敷に飛ばされるのか、あるいは無惨自身が煉獄家を襲撃するなどして、禰豆子を奪うための戦いが行われることになるのではないでしょうか。

※鬼滅の刃最新刊が無料で読める!

鬼滅の刃18巻の表紙画像_カナヲが座っている

鬼滅の刃18巻が12月4日に発売!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!
最新刊だけではなく、今話題沸騰中の「無限列車編」に該当する7巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

U-NEXTの無料体験はこちら

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。