鬼滅の刃

鬼滅の刃164話のネタバレとあらすじ

童磨との戦いは終わり、一方炭次郎は体力を使い果たし眠っていた。義勇が止血のため傷を焼く焦げ臭いにおいで目を覚ます。

鬼滅の刃164話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

前回のネタバレはこちら

鬼滅の刃163話のネタバレとあらすじしのぶの作戦によりついに童磨の頚を斬ることができた。しのぶは頚を斬る力もないような剣士ですらない毒使い、伊之助は滅茶苦茶で剣術の基礎も出...

164話のネタバレ

童磨との戦いは終わり、一方炭次郎は体力を使い果たし眠っていた。義勇が止血のため傷を焼く焦げ臭いにおいで目を覚ます。炭次郎は打撲や傷はあったが骨にも異常はなく比較的軽傷であった。最終目標は無惨の討伐だが、上弦の壱や弐と遭遇すれば戦いを避けられないので備えておく必要があった。

すると、炭次郎のカラスがしのぶ、カナヲ、伊之助により上弦の弐を撃破したことを知らせにやってきた。同期のカナヲと伊之助の安否を確認し安堵する炭次郎はそれぞれが勝ち星を上げ無惨に着々と近づいていることに緊張と興奮が入り混じっていた。

一方、甘露寺(恋柱)と伊黒(蛇柱)は時透たちが倒したはずの上弦の肆(鳴目)に遭遇した。どうやらもう上弦の肆が補充されているようだった。自分よりも年下のしのぶが健闘したので張り切る甘露寺は鳴目に思い切り飛び掛かるがガードされ弾き飛ばされてしまう。

鳴目は琵琶を鳴らすことで建物の扉や形体を手足のように変化させることができる。鳴目の血鬼術は殺傷能力こそ高くないが非常に厄介であった。

一方、時透(霞柱)と悲鳴嶼(岩柱)は無惨に向かって移動していた。すると時透の移動を妨害され、目の前には最凶の鬼である上弦の壱が現れた。

上弦の壱と対峙した時透との戦いが始まるか___?
次回165話「愕然と戦慄く(がくぜんとわななく)」

これまでのネタバレ

鬼滅の刃163話のネタバレとあらすじしのぶの作戦によりついに童磨の頚を斬ることができた。しのぶは頚を斬る力もないような剣士ですらない毒使い、伊之助は滅茶苦茶で剣術の基礎も出...

続きの話のネタバレ

鬼滅の刃165話のネタバレとあらすじ無惨の元に向かっている途中、移動の妨害をされた時透無一郎は上弦の壱(黒死牟)に遭遇する。黒死牟には六つの目が付いており時透の筋肉や骨を透...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

※鬼滅の刃最新刊が無料で読める!

鬼滅の刃18巻の表紙画像_カナヲが座っている

鬼滅の刃18巻が12月4日に発売!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!
最新刊だけではなく、今話題沸騰中の「無限列車編」に該当する7巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

U-NEXTの無料体験はこちら

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。