鬼滅の刃

鬼滅の刃2部はあるのか?京都編や青い彼岸花捜索について

鬼滅の刃(きめつのやいば)の2部があるのかを解説しています。2部へ続く理由や、青い彼岸花編など鬼滅2部の内容についても考察しています。

鬼滅の刃2部はあるのか

2部の可能性は十分ある

無惨が消滅し、ついに1000年に渡る戦いに終止符が打たれました。炭治郎達の物語は一度終わりを迎えることになります。

204,205話で鬼滅の刃は一度完結するのではないでしょうか。

そこで気になるのは、鬼滅の刃に2部はあるのかということ。結論から述べると、鬼滅の刃2部は十分にあり得ると思います。

その理由は大きく分けて3つ。

鬼滅2部があり得る理由

・回収されていない伏線がある
・舞台を変えることが可能
・世代を超えることも可能

鬼滅の刃では、実は無惨を倒した今も回収されていない伏線が多いです。青い彼岸花や痣、生存者たちの後日談など。

伏線を回収していくだけで、数巻分のストーリーを組み立てる余地があります。

さらに鬼滅の刃の舞台は「東京都」のみに限定されていました。東京都以外を舞台にした物語に変更すれば、2部はできる状態に。

また「BORUTO」のように世代を超えて鬼との戦いを描くことも可能であり、鬼滅の刃2部は十分に考えられます。

そこで今回は、もし鬼滅の刃の2部が始まる場合にどのような物語になるのかを解説していきます。

2部がある場合の物語

1.青い彼岸花捜索編

青い彼岸花の画像

無惨が消滅し鬼を滅ぼすことに成功した鬼殺隊。しかし無惨を人間から鬼にした「青い彼岸花」を消し去らない限り、鬼との戦いは終わったと言えません。

人々の暮らしが二度と鬼に脅かされることがないよう、生き残った者達は青い彼岸花の捜索を開始します。

青い彼岸花はどうやって作ることができるのか、また素材となる青色の彼岸花はどこで手に入るのか。それらの謎を徐々に解き明かす展開になるのではないでしょうか。

痣の寿命により実弥と義勇が4年後に亡くなってしまうため、無惨戦後の治療を終えた後、すぐに物語が始まるかもしれません。

2.鬼滅の刃京都編

七重の塔の画像

無惨が亡くなってもなお、京都では鬼の被害が続いていた。無惨とは別の始祖鬼が存在しており、舞台は東京を出て京都に移るというパターン。

鬼滅の刃において無惨は絶対的な存在でしたが、なぜか珠世と愈史郎は無惨の呪いを解除し、無惨の支配下から外れていました。

1000年という長い期間において、呪いを外した鬼が珠世以外に存在していてもおかしくありません。

また、別の鬼がいるのであれば、もう1体の鬼が青い彼岸花を独占していたなど辻褄が合う部分もあります。

なぜ京都なのか?

無惨が人間だった平安時代、実は都は京都にありました。当時の権力者は京都に住んでいたとされています。

そして無惨の家系は財をなした産屋敷であり、明らかに貴族階級にあたります。無惨は当時京都で鬼になった可能性が高いです。

青い彼岸花が当時存在していたのも京都となるので、物語は自然と京都へ移るのではないでしょうか。

また継国兄弟の決戦時には七重塔が描かれており、室町時代に作られた京都の「八角七重塔」近くだった可能性があります。

さらに京都は鬼の頭領とされている「酒呑童子」の存在した土地。鬼滅の刃の物語は京都に関係する要素が非常に多いのです。

新たな始祖の鬼が現れるなら、間違いなく京都でしょう。

3.痣の寿命編

反復動作を行う炭治郎

無惨を倒し、ついに鬼との生存者たち。しかし炭治郎・実弥・義勇の3人は、痣の寿命により25歳で死んでしまいます

実弥と義勇は残り4年、炭治郎はあと10年で亡くなることに。本人達は死を受け入れるとは思いますが、残された者はどうでしょう。

残された禰豆子・善逸・伊之助は、自分たちと共に戦ってくれた3人の死を無抵抗のまま待つのでしょうか。

正直なところ、時間が残されているにも関わらず、諦めるとは3人の性格を考えても考えづらいです。

痣の寿命克服に関する話が、展開されていくのではないでしょうか。

痣について

痣記事のアイキャッチ
【鬼滅の刃】痣を持つキャラのまとめ|あざの発現条件について解説鬼滅の刃(きめつのやいば)の痣を解説しています。痣持ちのキャラやデメリット、発現条件も考察しています。...

4.中高一貫キメツ学園

キメツ学園の画像

完全スピンオフ作品である中高一貫キメツ学園が、連載され2部として始まるパターン。

KADOKAWAでは人気アニメのスピンオフを題材とした「異世界カルテット」が人気を博しており、集英社でもスピンオフを連載するという可能性はありそうです。

キメツ学園では亡くなったキャラも登場しますし誰も死なないので、個人的には長く見たい作品です。

5.無惨の過去編

人間時代の無惨

1000年もの時を生きた無惨ですが、人間時代も含めても無惨の過去はそれほど語られていません。

断片的に情報が小出しにされており、猗窩座のように1話分過去回想に割かれることはありませんでした。

鎌倉時代〜戦国時代の出来事は言及されておらず、最も長く続いた「江戸時代」に無惨がどのように暮らしていたのかも判明せず。

未だ秘密が多いだけに、無惨を中心とした2部が始まるかもしれません。

回収されていない伏線

禰豆子と炭治郎の画像
【鬼滅の刃】回収されていない伏線まとめ|後日談や遺書・青い彼岸花について鬼滅の刃(きめつのやいば)の伏線を解説しています。青い彼岸花や遺書、後日談やタイトルがどのように回収されるのか考察しています。...

本誌のネタバレ一覧

20巻
170話 171話 172話 173話 174話
175話 176話 177話 178話
21巻
179話 180話 181話 182話 183話
184話 185話 186話 187話
22巻
188話 189話 190話 191話 192話
193話 194話 195話 196話
23巻
197話 198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話

鬼滅の刃の記事一覧はこちら

※鬼滅の刃最新刊が無料で読める!

鬼滅の刃23巻の表紙

鬼滅の刃最終巻「23巻」が12/4に配信!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、鬼滅の刃アニメ版も見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。