鬼滅の刃

【特別編】鬼滅の刃 「柱合会議・蝶屋敷編」考察とネタバレ

鬼滅の刃(きめつのやいば)の「柱合会議(ちゅうごうかいぎ)・蝶屋敷(ちょうやしき)編」のネタバレや考察についてまとめています。アニメ・原作との差異や、考察や解説も掲載しています。

柱合会議編の概要・あらすじ

あらすじ

那田蜘蛛山での戦いを経て、駆けつけた柱と「隠」たちによって鬼殺隊の本部に連行される炭治郎。そこでは、鬼殺隊最高戦力である柱たちが柱合会議を行うべく集結していた。

鬼である禰豆子を連れており、なおかつ庇っているという重大な隊律違反を犯していた炭治郎に対して、柱たちは糾弾を行う。そこへお館様が到着し…

柱合会議について

鬼殺隊本部で行われる会議

鬼殺隊当主である産屋敷と、柱が集合して重要な内容について決議・共有されるのが柱合会議です。

柱は鬼殺隊最高戦力の剣士

柱とは、鬼殺隊の中でも最高戦力の剣士であり、十二鬼月のうちでも下弦の鬼であれば軽々と撃破できてしまうほどの能力を持っています。例えば那田蜘蛛山では、炭治郎が苦戦した相手である累を、冨岡義勇が瞬殺しています。

柱の一覧

柱にはそれぞれの呼吸にちなんだ二つ名がついています。水の呼吸を使う義勇であれば「水柱」、蟲の呼吸を使うしのぶであれば「蟲柱」といった形になっています。

キャラ 誕生日(年齢) 身長 体重

【水柱】
冨岡義勇
2月8日
(21歳)
176cm 69kg

【炎柱】
煉獄杏寿郎
5月10日
(20歳)
177cm 72kg

【音柱】
宇髄天元
10月31日
(23歳)
198cm 95kg

【霞柱】
時透無一郎
8月8日
(14歳)
160cm 56kg

【蟲柱】
胡蝶しのぶ
2月24日
(18歳)
151cm 37kg

【恋柱】
甘露寺蜜璃
6月1日
(19歳)
167cm 56kg

【蛇柱】
伊黒小芭内
9月15日
(21歳)
162cm 53kg

【風柱】
不死川実弥
11月29日
(21歳)
179cm 75kg

【岩柱】
悲鳴嶼行冥
8月23日
(27歳)
220cm 130kg

蝶屋敷編の概要・あらすじ

あらすじ

柱合会議を経て、禰豆子の存在が正式に認められることになった。しかし、鬼を快く思わない人間はもちろん多く、未だ炭治郎と禰豆子が受け入れられているとは言い難い状況である。

まずは十二鬼月を倒して周りからも認められるようになる必要がある。ひとまず怪我の治療を受けるべく蝶屋敷へ向かった炭治郎。

先に到着していた善逸と伊之助とともに、機能回復訓練を受けることになるが…

蝶屋敷について

胡蝶しのぶたちが住む屋敷

蝶屋敷とは、胡蝶家が住む屋敷です。しのぶの他、継子である栗花落カナヲなども住んでいます。

怪我の治療を受けた後、機能回復訓練へ

那田蜘蛛山の戦いによって、全員が重症といえるレベルの負傷をしている炭治郎たち。怪我の治療のためしばらく休息をしていますが、ある程度回復してきた頃に、しのぶがやってきて「機能回復訓練」を行うと伝達します。

機能回復訓練とは

寝たきりで衰えた体力を取り戻す訓練

マッサージを受けた後、薬湯をかけあう反射訓練やいわゆる鬼ごっこである全身訓練を行うのが機能回復訓練です。

パッと見の内容だとそこまで過酷ではなさそうですが、カナヲの圧倒的な能力の前に手も足も出ず、炭治郎たちは精神的に落ち込んでしまいます。

柱合会議・蝶屋敷編の見どころ

1.柱たちが集結

柱が集結している場面
鬼殺隊最高戦力である柱が全員集結し、これまで登場しなかった柱も紹介されます。戦う場面はないため能力については未知数ですが、それぞれの個性が見て取れる貴重なシーンです。

2.禰豆子のために命をかける鱗滝と義勇

冨岡義勇
鬼である禰豆子が、炭治郎とともにあるために、鱗滝左近次と冨岡義勇が命をかけてお館様へ嘆願書を出していたことが判明します。もし禰豆子が人間を襲ったら、2人とも切腹してお詫びをするという、命をかけた決意を目の当たりにし炭治郎は涙を流します。

3.人間を絶対に襲わない禰豆子

人間の血から顔をそむける禰豆子
不死川実弥に何度も斬られただけではなく、目の前で血を流している実弥の姿や血の匂いを向けられてなお抗い、安全性を証明した禰豆子。「絶対に人間を襲わない」という禰豆子の堅い意志が伺えます。

ちなみにこの場面では未出ですが、実は実弥は鬼を酩酊させる(酔わせる)ほどの「非常に強い稀血」を持つ体質であるため、この誘惑に耐えきった禰豆子は驚異的な忍耐力を発揮したということになります。

4.すっかり自信を失った伊之助

自信喪失する伊之助
那田蜘蛛山では、蜘蛛の父によりコテンパンにやられており、すっかり自信を失って丸くなってしまった伊之助。さらに喉が潰れており、縮こまってしまった伊之助が発した言葉は、多くのファンの笑いを誘いました。

「イイヨ キニシナイデ」
「ゴメンネ ヨワクッテ」

5.カナヲの過去

過去の回想をするカナヲ
もともと孤児であり、胡蝶姉妹によって家族として受け入れられることになったカナヲの回想が25話で入ります。自分の意志がなく、「コインの裏表によってすべて決める」ようになった背景が描かれます。

この後、炭治郎との会話で自分の意志(心の声)を出していくことになる場面も名シーンの1つです。「人は心が原動力だから、心はどこまでも強くなれる」とカナヲを鼓舞するシーンは必見です。

カナヲの解説記事

「栗花落カナヲ」の過去・魅力まとめ|しのぶやカナエとの関係について鬼滅の刃(きめつのやいば)の「栗花落カナヲ(つゆりかなを)」の解説記事です。カナヲの過去、花の呼吸、カナエ・しのぶとの出会い、柱になるの...

6.パワハラ会議

パワハラ会議を執り行う無惨
下弦の伍「累」の討伐により欠員が出た十二鬼月の下弦の鬼たちは、無惨に召集をかけられます。

補充を行うのかと思いきや、開始早々まさかの激詰めが始まります。無惨の言うことを否定するだけで殺され、何も言わなくても思考を読まれて殺される、などあまりにも理不尽なありさまに同情の念を抱かざるを得ません。

その無惨の横暴さから、職場にいる横暴な上司になぞらえて「パワハラ会議」といった用語も誕生しました。

パワハラ会議について

圧迫する無惨
【鬼滅の刃 】パワハラ会議とは?死亡した下弦の鬼についても解説鬼滅の刃(きめつのやいば)の「パワハラ会議」ついて紹介しています。十二鬼月や下弦の鬼の解説もしています。 パワハラ会議について...

ネタバレ前編「柱合会議」

44話

善逸は応援に来た鬼殺隊の保護を受け、包帯でぐるぐる巻きにされていた。伊之助も合わせて救出される。駆けつけた人の中には、最終選別にいた少女の姿も見える。

一方で冨岡としのぶは、禰豆子の処遇を巡り対立していた。しのぶには禰豆子を見逃す気などないので、冨岡は炭治郎に禰豆子と共に逃げるよう指示する。

重傷を負った炭治郎は痛みを我慢して逃げ出すが、同期の少女に追いつかれてしまう。炭治郎が気絶させられたものの、禰豆子は元気なので1人でも難なく逃げている。

冨岡はしのぶを羽交い締めにしていた。しのぶいわく、鬼殺隊の妨害であり明らかに対立違反だという。

その時、鎹カラスから伝令が届く。炭治郎・禰豆子の両名を拘束し、本部へ連れて帰れと。事後処理部隊「隠」に連れられ、2人は本部へ向かう。

炭治郎が目を覚ますと、柱と呼ばれる人物が6人も目の前に立っていた。

45話

鬼殺隊の柱たち
柱とは、鬼殺隊の中で最も位の高い九名の剣士である。鬼殺隊を支えているのは間違いなく彼らだった。炭治郎の前には、すでに8人の柱がいる。

炎柱「煉獄杏寿郎」
音柱「宇髄天元」
恋柱「甘露寺蜜璃」
岩柱「悲鳴嶼行冥」
霞柱「時透無一郎」
蛇柱「伊黒小芭内」
水柱「冨岡義勇」
蟲柱「胡蝶しのぶ」

伊黒は、対立違反を犯した冨岡が何の拘束もされていないことに苛立ちを示す。しのぶは、冨岡の処遇よりも炭治郎の話を聞きたいという。

炭治郎は禰豆子が2年以上も人を食べていないことを柱たちに伝える。しかし、炭治郎の話には根拠がないので柱は信じない。

そこへ現れたのは、柱最後の1人である風柱「不死川実弥」であった。人を守る鬼など信じられない実弥は、木箱ごと禰豆子を突き刺す。

炭治郎は怒りを爆発させ、拘束されたまま実弥に飛びかかる。一撃を入れることは難しいと思われたが、冨岡が横槍を入れたことで、頭突きを食らわすことに成功する。

炭治郎と実弥の争いがヒートアップし始めたその時、屋敷の奥からお館様が登場するのであった。
https://bookwiz.me/kimetsu/kimetsu-hashira

46話

お館様は、柱の顔ぶれが変わらずに半年に1度の柱合会議を迎えられたことを、ひどく喜んでいた。柱たちは尊敬の意を持って、お館様に頭を下げる。

挨拶の後、議題は炭治郎と禰豆子について。お館様いわく、2人のことを柱にも容認して欲しいという。

お館様のお願いであっても、鬼を認めることに懐疑的な様子を見せる柱たち。そこでお館様は、元柱である鱗滝から届いた手紙を読み始めるのであった。

鱗滝の手紙には以下の3点が書かれていた。

・禰豆子の存在を認めて欲しいこと
・禰豆子が2年以上の間も人を食べていないこと
・禰豆子が人を食べたら、炭治郎・鱗滝・冨岡が腹を切ること

禰豆子に3人の命がかけられており、人を襲うという証明ができない以上、お館様は禰豆子を生かすべきだという。

さらに、炭治郎が柱でも遭遇したことのない無惨に遭遇していたため、禰豆子も無惨にとって予想外の存在なのではと考えていた。

それでも納得できない実弥。禰豆子が人を喰うと証明するため、自身の腕を刀で切り、血を禰豆子の木箱に垂らすのであった。

47話

実弥に3度刺された禰豆子が木箱から現れる。実弥の血を前にし、禰豆子の口からよだれが垂れていた。炭治郎は、伊黒に押さえつけられ身動きが取れない。

禰豆子はいつ血を食らってもおかしくなかったが、「人は守り助けるもの」という鱗滝の言葉を思い出し、血の誘惑に耐え抜き、そっぽを向くのであった。

禰豆子が人を食わないという証明が、全員の前でなされたのである。お館様は炭治郎と禰豆子に、これから鬼殺隊として役に立てることを証明するよう伝える。

自らの手で十二鬼月を倒すと誓う炭治郎。炭治郎の話は終わり、柱合会議が始まる。

48話

炭治郎はしのぶの屋敷で預かることになり、炭治郎は禰豆子を攻撃した実弥への怒りが残っていたものの、強制的に連行されてしまう。

屋敷に着くと、最終選別の同期である「栗花落カナヲ」と出会う。現在は胡蝶しのぶの継子だという。

カナヲは一言も喋らずただ笑顔を振りまくだけなので、隠は混乱していたが、アオイによって屋敷で治療を受けることを許可される。

病室に行くと、那田蜘蛛山での戦いぶりに善逸・伊之助と再会する。どちらも重傷のようだ。那田蜘蛛山で共に戦った村田もお見舞いに来ていた。

数日後にしのぶが屋敷を訪れる。しのぶは、そろそろ機能回復訓練を始めるという。

胡蝶しのぶの画像
【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去鬼滅の刃(きめつのやいば)の蟲柱「胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)」の解説・考察記事です。しのぶの強さや会得した型、カナエとの過去、しのぶの死亡理由、などについても解説しています。...

ネタバレ中編「機能回復訓練」

49話

機能回復訓練開始を告げるしのぶ
機能回復訓練に先に参加していた炭治郎・伊之助は、いつも地獄のような表情で病室へ戻ってくる。善逸の心に不安が募っていた。

翌日、訓練場に初めてきた善逸は、アオイから訓練の説明を受ける。以下の3つの訓練をアオイたちと共に行うのだという。

・柔軟
・反射訓練
・全身訓練

説明を聞いた善逸は、炭治郎と伊之助を訓練場の外へ連れ出す。
女の子が大好きな善逸は、たとえ訓練であっても女性と触れ合っていた2人が妬ましくて仕方なかったのだ。

訓練に戻った3人は順調に訓練をこなしてゆく。しかしカナヲには何度やっても勝てない。

負け慣れていない伊之助は心が折れ、善逸も早々にカナヲに勝つことを諦める。訓練場に来るのは炭治郎のみとなった。

1人で訓練にのぞむ炭治郎に対し、なほ・すみ・きよの3人は、四六時中「全集中の呼吸」を使用することを勧める。

柱やカナヲはその呼吸をすでに習得しており、習得している者とは天と地ほどの差があるという。3人のアドバイスを参考に、炭治郎は四六時中「全集中の呼吸」のできる体づくりを開始する。

「栗花落カナヲ」の過去・魅力まとめ|しのぶやカナエとの関係について鬼滅の刃(きめつのやいば)の「栗花落カナヲ(つゆりかなを)」の解説記事です。カナヲの過去、花の呼吸、カナエ・しのぶとの出会い、柱になるの...

50話

炭治郎は習得できない。四六時中「全集中の呼吸」ができる体になると、瓢箪を吹くだけで割ることができるという。

呼吸の訓練を始めて15日後の夜、訓練中の炭治郎の元にしのぶがやってきた。しのぶの怒りの感情を察した炭治郎は、しのぶの抱えていた想いを聞く。

しのぶには鬼に同情する優しい姉がいたが、鬼に殺されたという。姉の想いを継ぐため鬼に優しくしようと思うが、腹の底では鬼のことを理解することができないのであった。

自分の気持ちに嘘をつき続けてきたしのぶの心は、疲弊しきっていた。炭治郎と姉に優しさという共通点を見出したしのぶは、姉の夢を炭治郎に託し、その場を去ってゆく。

その夜から10日間、炭治郎は厳しい訓練に耐え抜き、ついに瓢箪を割ることに成功する。そして、呼吸習得後に臨んだ機能回復訓練で、ついにカナヲに勝利するのであった。

ネタバレ後編「下弦の鬼」

51話

炭治郎の習得した呼吸は「全集中・常中」と言い、習得には相当な努力が必要だとしのぶはいう。だがしのぶは教えるのが上手く、伊之助と善逸は9日で「全集中・常中」の習得に至る。

炭治郎と伊之助は、日輪刀を届けにきた鋼鐵塚と鉄穴森を迎える。無事刀を受け取ったが、炭治郎と伊之助が刀をぞんざいに扱ったとして、2人に殺されかけるのであった。

琵琶の音が鳴り響き、場面は別の場所へ移る。城のような場所に下弦の鬼が召集されていた。どうやら、琵琶を持つ鬼の血気術で飛ばされたようだ。

倒された累を除いた下弦の鬼が全員集まると、1人の女性が目の前に現れる。女性の正体は、姿を変えた鬼舞辻無惨だった。

52話

女性の姿の無惨
十二鬼月は上弦と下弦に6体ずつ分かれており、上弦の鬼の実力は下弦を圧倒していた。無惨は次々と下弦の鬼を殺してゆく。

下弦の弱さに嫌気がさした無惨は、下弦の解体を決意したのであった。

最後に残されたのは下弦の壱「魘夢」のみ。殺されるかに思えたが、無惨に心底惚れ込む忠誠心が評価され、魘夢のみ生き残ることに。

無惨は魘夢にさらなる血を分け与え、炭治郎の討伐を命じる。

53話

しのぶの最後の治療を受ける炭治郎は、火の呼吸とヒノカミ神楽について尋ねる。しのぶはどちらも知らなかったが、炎の呼吸の使い手「煉獄」であれば何か知っているかもという。

診察室を出た炭治郎は、最終選別に居た青年を廊下で見かける。声をかけるが無視されてしまう。

炭治郎は次に、洗濯物を干すアオイの元へ向かった。戦場に行けないことを悔やむアオイだったが、炭治郎はアオイの想いを戦場に持っていくと伝える。

最後に炭治郎は、カナヲに別れの挨拶を告げにゆく。カナヲは相変わらず口数が少なかったが、コインで喋るか喋らないかを判断しているようだ。

カナヲにもっと前向きになってほしい炭治郎は、カナヲのコインを借りてコイントスを行う。

表が出れば「カナヲは自分の心の声をよく聞くこと」と炭治郎は約束する。炭治郎の飛ばしたコインは、表を向いていた。

コインをカナヲに返し、炭治郎はカナヲに別れの挨拶を告げる。

蝶屋敷を出て駅に向かった炭治郎・善逸・伊之助の3人は、巨大な汽車を目の当たりにする。

柱合会議・蝶屋敷編の続きは何巻・何話から?

7巻54話から無限列車編が開始

鬼滅の刃7巻の表紙

「那田蜘蛛山編」では、漫画版の7巻53話までが描かれています。柱合会議から蝶屋敷、パワハラ会議までです。

そのため、次の章にあたる「無限列車編」を見たい方は漫画7巻から購入しましょう。7巻から買えば、すぐに次の新章を楽しむことが可能です。

漫画7巻以降の見どころ

舞台は「無限列車」へ

無限列車の画像

那田蜘蛛山での闘いから数週間が過ぎた頃、炭治郎たちは炎柱「煉獄杏寿郎」の任務に同行し、無限列車へ乗車ことに。車内では奇怪な失踪事件が多発しており、40名以上が行方不明となっていたのでした。

そして調査を続ける炭治郎たちの前に現れたのは、何と無惨の寵愛を受けた下弦の壱であり…。

史上最大の敵が立ち塞がる

怪我を負った煉獄杏寿郎の画像

無限列車編では、未だかつて無い強敵と対峙することに。那田蜘蛛山での戦いで成長した炭治郎たちですが、再び大きな壁にぶち当たります。

さらに、その強敵の実力は柱である煉獄の力をも上回っており…

無限列車編のネタバレはこちら

煉獄杏寿郎がメインカットになっている劇場版のアイキャッチ
【ネタバレ】鬼滅の刃 「無限列車編(映画)」考察まとめ鬼滅の刃(きめつのやいば)の映画版「無限列車編(無限夢列車)」のネタバレや考察についてまとめています。原作との差異もあるため、実際に劇場...

鬼滅の刃の関連記事

鬼滅の刃の用語一覧

藤花彫りを初めて聞く炭治郎
鬼滅の刃 用語集|作中で登場したキーワード考察鬼滅の刃(きめつのやいば)に登場する用語を一覧形式で解説しています。わからない単語があればこのページをぜひ参考にしてください。...

アニメの感想・ネタバレ

アニメ1期「竈門炭治郎立志編」
1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 鬼になった頃の累21話
お館様の画像22話 血の誘惑に耐える禰豆子23話 炭治郎としのぶ24話
カナヲと炭治郎25話 下限の壱の画像26話

※鬼滅の刃7巻はこちらから

鬼滅の刃7巻の表紙

U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで7巻を「無料」で読むことができます!
7巻だけではなく、話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。
31日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

\ 31日以内に解約で無料!! /
鬼滅の刃7巻を無料で読む