鬼滅の刃

鬼滅の刃156話のネタバレとあらすじ

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

鬼滅の刃156話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

前回155話のネタバレ

https://bookwiz.me/kimetsu155

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

1分でわかる156話の簡易ネタバレ

・ついに猗窩座の頚を切ったが頭が再生しかかってしまう

・炭次郎に顔面を殴られることで猗窩座はふと過去のことがよみがえりかつて守りたくても守り切れなかった師範と恋雪のこと、親父の遺言が頭をよぎる

・身体は再生するが敗北したことを悟り自らを破壊する

・猗窩座は本来なりたかった強い人になるべく消滅していく

・猗窩座戦決着

156話の詳細ネタバレ

気絶していた炭次郎は意識を取り戻し猗窩座の頭部が再生しかかっていることに気が付く。拳に力が入らない炭次郎だがなけなしの力を振り絞り猗窩座の顔面を一発殴ることに成功した。 猗窩座は過去の記憶がフラッシュバックし弱いものによって師範と恋雪が毒殺されてしまったことを思い出す。自暴自棄になった猗窩座は本来守るはずの拳で人を殺めてきたことを悔いて煉獄の滅式で自らを破壊する。一瞬その猗窩座からは感謝の匂いがした__。

炭次郎の正々堂々見事な技により完敗したことを悟った。

「終わりだ。潔く。地獄へ行きたい」

猗窩座は親父、師範、無惨の問いかけによりかつて守るために強くなりたかったのだと思い出した。まだ強くなれる戦わなければ約束は守られない。だがそこに恋雪が現れる_。

「狛治さんありがとう。もう充分です」

猗窩座は人間である狛治の姿に戻り恋雪や師範を守れなかったこと、大事な時にそばにいられなかったことを詫びた。

そして猗窩座は消滅した___。

猗窩座線決着

次回、栗花落カナヲ VS 童磨 ___?

これまでのネタバレ

https://bookwiz.me/kimetsu155

続きの話のネタバレ

あわせて読みたい
鬼滅の刃157話のネタバレとあらすじ猗窩座(上弦の参の鬼)を倒したが、戦いの消耗が激しく炭次郎と義勇はそのまま気絶してしまう。 また、猗窩座の気配が消えたことを黒死牟(上...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。