ワンピース

ゲッコー・モリアとは?強さ・悪魔の実の能力|悲惨な過去とペローナとの関係について

ワンピースの登場キャラクター「ゲッコー・モリア」の技や強さについてまとめています。王下七武海としての活躍、悪魔の実の能力、性格、過去やカイドウ・ペローナとの関係などプロフィールを掲載しているので、ゲッコー・モリアを詳しく知りたい方は参考にしてください。

この記事は、重大なネタバレが含まれる可能性があります。アニメ派の方や、本誌をまだ読み進めていない方が閲覧する際はご注意ください。

ゲッコー・モリアとは?

影を自在に操る王下七武海

ゲッコー・モリアの画像

ゲッコー・モリアとは元王下七武海の1人であり、相手の影を奪いゾンビを作り出すカゲカゲの実の能力者。世界一巨大な海賊船「スリラーバーク」で偉大なる航路を進み、大量のゾンビを使役して海賊王になることを目指しています。

黒ひげと対立することに

直近の話では、部下のアブサロムを取り戻すために、黒ひげ海賊団のアジト「ハチノス」へ来訪。しかしすでにアブサロムの能力は奪われており、モリアはシリュウの反撃を受けることに。

その後黒ひげから傘下に入るよう勧誘を受けますが、モリアは明確な返事を残しておらず、現状の生死は不明となっています。

ゲッコー・モリアの現在状況はこちら

麦わらの一味の画像
【ワンピース】主要キャラクターの現在状況(ワノ国本誌10/26更新)ワンピース(ONE PIECE)の主要キャラクター一覧です。ワノ国の情勢や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載しているため【ネタバレ注意】です。ワンピースのキャラクターについて知りたい場合も必見です。...

ゲッコー・モリアの性格・魅力

他力本願ながらも海賊王を目指す

ルフィとの直接対決を避けるモリア

極度の面倒くさがりで、仲間の力だけで海賊王になろうとする他力本願な性格。口癖は「海賊王にならせろ」であり、非常に他人任せなところが目立ちます。

しかし海賊王を目指す思いは本物であり、ゾンビ兵の研究には余念がなく、優秀な死体を集めて常に軍備増強を実行。「海賊王に俺はなる」が口癖のルフィとは真逆ですが、独自の方法で不断の努力を続けています

他力本願ながらも海賊王という偉大な夢を目指す姿勢は、モリアを人気たらしめている要素の1つです。

仲間思いで情に厚い

アブサロムを心配するモリア

他力本願ではあるものの、その分仲間たちを人一倍信頼しており、家族のように大事にします。部下であるアブサロムを助けるために、四皇黒ひげのアジトに単身乗り込み、危険を犯してまで取り戻そうとしたこともありました。

そもそもモリアは、過去に新世界で仲間を全て失った過去を持っています。それゆえにモリアの行動からは、今生きている仲間たちは絶対に失わないという気概が感じられることが多々。

ゾンビ兵を作ることは倫理的に賛否が分かれますが、もう仲間を失いたくないという思いから今の仲間を大事にする姿勢は、モリアの魅力といえるでしょう。

ゲッコーモリアの強さ・能力

影を自在に操るカゲカゲの能力

ルフィの影を捕まえるモリア

モリアはカゲカゲの実の能力者であり、影を実体化させそれを自由に操る能力を持ちます。影で自らの分身を生み出して敵を攻撃したり他者の影を自らに取り込んで強化するなど、汎用性の高い能力です。

持ち主が影を取り戻そうとしても、影を抜き取られた者は日光を浴びると消滅する体になっており、影を抜き取られて数日は眠りについてしまうため、影を取り返すことは困難。

直接の戦闘向きではありませんが、戦力増強と敵の弱体化を同時に行える強力な能力です。

影法師(ドッペルマン)

影法師を作り出すモリア

モリアの影を分離させ、自身の分身として戦わせる技。影がどれほどダメージを受けてもモリア本人にダメージはいかず、モリアと位置を一瞬で入れ替えられるため、あらゆる攻撃を受け流すことが可能です。

影の集合地(シャドーズ・アスガルド)

巨大化したモリアの攻撃

自身の影に他人の影を全て取り込み、パワーアップする技。1000体もの影を収容するため、力を完全にコントロールすることは不可能ですが、パンチ1発で島を割るほどの力を得ることが可能です。

その他の技一覧

・影革命
・角刀影(つのトカゲ)
・欠片蝙蝠(ブリックバット) etc…

ゲッコー・モリアと関係の深い人物

ペローナ

ペローナの画像

ゲッコーモリア海賊団の船員であり、スリラーバーク四怪人の1人。子供の頃にモリアに拾われずっと一緒にいたので、モリアのことを親のように慕っています

ペローナの年齢が25歳であることから、モリアとの関係は10年以上に及んでいると思われ、新聞を通じてモリアの生存が報じられた際には、涙を流して喜んでいました。

カイドウ

23年前にワノ国の鈴後にて、モリアのゲッコー海賊団と戦争を繰り広げた人物。モリアは戦いに敗れてワノ国から撤退してしまいますが、当時はカイドウのライバル的な立ち位置にありました。

また、この時だと断定はできませんが、モリアはカイドウとの戦争でおそらく仲間を全て失っており、ゾンビ兵を作り始めたきっかけになったと思われます。

ゲッコー・モリアの来歴と懸賞金の推移

ゲッコー・モリアの懸賞金の推移

スリラーバーク編 3億2000万ベリー 巨大海賊船スリラーバークを支配する七武海として登場。登場と同時に元懸賞金が判明。

過去

24年前にローグタウンで行われたゴール・D・ロジャーの処刑に立ち合い、大海賊時代の幕開けを見守りました。当時のモリアは現在よりも痩せており、面長な顔をしています。

また1年後の23年前には、ワノ国の鈴後にて現四皇のカイドウと対決。結果は敗北に終わり、モリアいわく部下の差で負けてしまったとのこと。

カイドウとの戦いかは定かではないですが、新世界にてモリアは仲間を全て失ったことが判明。仲間を失った出来事がきっかけで、ゾンビ兵を組織し始めました。

偉大なる航路前半

スリラーバーク編

ルフィたちが遭遇した海賊船スリラーバークに君臨する七武海として登場。強戦士の影を集めてゾンビ兵を組織していたモリアは、ブルックと麦わらの一味の影を奪ったことで、一味と戦闘に。

ルフィの影を奪い魔人オーズを復活させ、一時は麦わらの一味を壊滅状態に陥れました。しかしナイトメアルフィの活躍により、モリアの操るオーズは倒されてしまいます

その後、日の出までに一味の猛攻を止めるため、1000体の影を集めて巨大化するものの、ルフィのギア2&3による攻撃と倒れた塔の下敷きになり、敗北してしまうのでした。

戦いが終わった後は、気絶したままホグバックらに連れられて、スリラーバークを後にします

マリンフォード編

マリンフォードの頂上戦争に、海軍側の戦力として参加。自慢のゾンビ兵はジンベエの海水で無効化されてしまいますが、リトルオーズ.Jrの巨大な体を一撃で貫くなど、圧倒的な実力を見せつけます。

戦争終結後は、何者かの命を受けたドフラミンゴとパシフィスタにより、暗殺される一歩手前まで追い詰められることに。しかし、具体的な方法は描かれていませんが、猛攻を掻い潜り無事に生き残ることができたのでした。

偉大なる航路後半

ワノ国編

世界経済新聞を通じて、ゾンビ兵を使った襲撃事件を起こしていることが判明。頂上戦争以来生死不明となっていましたが、生存がついに確認され、ペローナも喜びの涙を流していました。

一方その時モリア本人は、アブサロムを取り戻すためにゾンビ兵を引き連れて、黒ひげ海賊団のアジト「ハチノス」を襲撃。しかしすでにアブサロムの能力はシリュウに奪われ死亡しており、モリアは怒りを爆発。

その後黒ひげ本人と会話することになり、そこで黒ひげ海賊団に入るよう勧誘を受けるのでした。

ゲッコー・モリアのプロフィール

年齢 50歳
誕生日 9月6日
星座 おとめ座
身長 692cm
血液型 X型
出身 西の海
好物 キャビアのマリネ
CV 宝亀克寿

元王下七武海についてはこちら

トラファルガー・ロー(2年後)の画像
トラファルガー・ロー
ドンキホーテ・D・ドフラミンゴの画像
ドンキホーテ・ドフラミンゴ
千両道化のバギーの画像
バギー
バーソロミュー・くまの画像
バーソロミュー・くま
ゲッコー・モリアの画像
ゲッコー・モリア
ボア・ハンコックの画像
ボア・ハンコック
ジュラキュール・ミホークの画像
ジュラキュール・ミホーク
サー・クロコダイルの画像
クロコダイル
エドワード・ウィーブルの画像
エドワード・ウィーブル

(C)尾田栄一郎
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。