ワンピース

シャンクスとは?四皇としての強さ・過去|能力の謎や天竜人説について

ワンピースの登場キャラクター「赤髪のシャンクス」の技や強さについてまとめています。四皇としての活躍、ロジャー海賊団時代の過去や性格、年齢、名言、目の傷の謎や五老星との関係、天竜人説などのプロフィールを掲載しているので、シャンクスを詳しく知りたい方は参考にしてください。

この記事は、重大なネタバレが含まれる可能性があります。アニメ派の方や、本誌をまだ読み進めていない方が閲覧する際はご注意ください。

赤髪のシャンクスとは?

偉大な海を支配する四皇の1人

戦争を終わらせにきたシャンクス

赤髪のシャンクスとは赤髪海賊団の船長であり、新世界に君臨する四皇の1人懸賞金も40億ベリーを超えており、数多の海賊達がひしめく大海賊時代のトップを担う人物です。

世界一の大剣豪と対等に渡り合う実力を持ち、四皇としては若手ながらも凄まじい勢いで勢力を拡大し、新世界に名を轟かせています。

いまだに謎多き人物でもある

ワンピース第1話から登場しているシャンクスですが、悪魔の実を食べているかなどの情報は明かされておらず。さらに世界政府トップの五老星とも関係を持ち、未だ謎に包まれている部分が多いです。

シャンクスの現在状況はこちら

麦わらの一味の画像
【ワンピース】主要キャラクターの現在状況(ワノ国本誌9/14更新)ワンピース(ONE PIECE)の主要キャラクター一覧です。ワノ国の情勢や、最新の状況がどうなっているかなど、重大なネタバレについても記載しているため【ネタバレ注意】です。ワンピースのキャラクターについて知りたい場合も必見です。...

シャンクスの性格・魅力

仲間を傷つける者を許さない

普段はおおらかなシャンクスですが、仲間を傷つける者を絶対に許しません。仲間を助けるためであれば、片腕を失おうと四皇と敵対することも厭わない性格

仲間を守るために自己犠牲を選ぶ姿勢は、後に船長となるルフィにも大きな影響を与えており、まさに理想の船長像を体現しているのがシャンクスです。

器が大きくおおらかな性格

たとえ侮辱を受けようが嘲笑されようが、何でも許してしまうおおらかな性格。海賊とは思えないほど大きい器を持ち大抵のことを笑顔で見逃すのが特徴です。

また、仲間であるルフィの門出を祝って敵と共に宴を開くなど、自由な性格は極まるところを知りません。自由でおおらかな性格こそ、シャンクスを魅力的にしている要素の1つでしょう。

シャンクスと関わりの深い人物

モンキー・D・ルフィ

腕を食われたシャンクスとルフィ

ルフィが海賊の道へと進むきっかけを作ったのがシャンクス。海で溺れ近海の主に襲われるルフィを救い出し、自らの左腕を犠牲にしてルフィの命を救った恩人でもあります。

さらにシャンクスはルフィに麦わら帽子を預け、立派な海賊になって会いに来てくれとルフィと約束するのでした。今のルフィがあるのは、間違いなくシャンクスのおかげと言えるでしょう。

ジュラキュール・ミホーク

かつてシャンクスと、伝説と語り継がれる戦いを繰り返してきた人物。ミホークの実力は両腕のあるシャンクスと互角であり、シャンクスの好敵手的なポジションにいます。

しかし、シャンクスが片腕を失って以後2人は戦っていないようであり、現在どちらの実力が上かは不明となっています。

バギー

ロジャー海賊団で、シャンクスと共に見習いをしていた人物。幼なじみと言えるほど昔から付き合いが深いですが、シャンクスの言動がきっかけでバギーがバラバラの実を食べてしまいやや疎遠に。

赤髪海賊団結成時にバギーを勧誘し断られてしまいますが、その後シャンクスと再会した際にはお互い気を使うことなく話す様子が描かれています。

シャンクスと対等に言葉を交わす数少ない人物と言えるでしょう。

シャンクスの強さ・実力

世界一の剣豪と渡り合う実力を持つ

赤犬の攻撃を止めるシャンクス

シャンクスの具体的な戦闘シーンはいまだ描かれていませんが、その戦闘力は世界一の剣豪「ミホーク」と互角の実力剣術の腕は世界最高峰でしょう。

また、愛刀グリフォンはいまだ鷲獅子の優美さを誇っており、シャンクスを長年に渡って支え続けていることから、覇気などで刃こぼれさせない戦い方も可能だと思われます。

シャンクスの強さが垣間見える場面

赤犬の攻撃を難なく防ぐ

頂上戦争において、コビーに迫る赤犬の一撃を刀一本で静止。ロギア系に対応できることは言うまでもなく、シャンクスにとっては、海軍大将相手でもそれは変わりません。

また、頂上戦争も赤髪海賊団が登場したことで終戦しており、シャンクスだけでなく赤髪海賊団のクルーも、相当な実力者の集まりであることが予想されます。

暴れると手に負えない

世界政府のトップである五老星は、シャンクスのことを「暴れれば手に負えない存在」だと述べており、海賊以外からもその実力を認められていることが分かります。

白ひげと片手で剣をぶつけ合う

ロジャーが死亡した後、世界最強の海賊として君臨していた白ひげ。そんな彼の船に単身乗り込み、片手で白ひげの攻撃を受け止める姿が描かれていました。

片腕になってからもその実力は健在で、四皇としての力をまじまじと見せつけています。

シャンクスの過去|ロジャー海賊団時代

ロジャー海賊団に見習いとして加入

子供時代のシャンクスとバギー

シャンクスは10歳前後の頃、ロジャー海賊団に見習いとして加入。バギーともこの時に出会い、共に見習いとして切磋琢磨し合う関係に。北極南極戦争は2人の関係を象徴する名勝負です。

また、白ひげ海賊団の所属する黒ひげと初めて遭遇したのもこの時期でした。加えて、ロジャーの被っていた麦わら帽子もこの時に譲り受けています

バギーがバラバラの実を食べてしまう

悪魔の実を飲み込むバギー

ある日敵船を返り討ちにした時、戦利品として宝の地図とバラバラの実を手に入れたバギー。1億で売れるという悪魔の実を売り捌くため、バギーは模造品を作って船員を騙し通します。

しかし喜ぶバギーのもとに偶然シャンクスが現れ、登場に驚いた勢いでバラバラの実を食べてしまうことに。その後、海に落ちたバギーをシャンクスが救うも、バギーに恨まれるのでした

バギーの看病のためラフテルへは向かわず

ついにラフテルへの道筋を導き出したロジャー海賊団。しかし最後の冒険を出かける手前、バギーが高熱を出して寝込んでしまいます

シャンクスの体調は無事でしたが、自らバギーの看病を名乗り出てラフテルには向かわないことに

その後ロジャー海賊団は解散し、ローグタウンにてロジャーの死刑が執行。シャンクスはバギーと共に涙を流しながら処刑を見守るのでした。

赤髪海賊団を結成する

ロジャーの死をきっかけに、赤髪海賊団を結成することを決意したシャンクス。処刑場にいたバギーを誘いますが、バギーはシャンクスの下につくことを拒否し、1人で旅に出ることに。

バギーとはそれ以来、頂上戦争編まで遭遇することはありませんでした。

シャンクスの来歴と懸賞金の推移

シャンクスの懸賞金の推移

ワノ国編 40億4,890万ベリー 海軍本部にて行われた会議にて、懸賞金額が発表。カイドウビッグマムに続く額であり、現存する海賊の最高の地位”四皇”に数えられていました。

偉大なる航路前半

東の海編

東の海のフーシャ村を拠点としており、幼い頃のルフィと出会います。ある日山賊に海に落とされ、海王類に襲われそうになったルフィを命がけで助けますが、代わりに左腕を失うのでした。

そしてフーシャ村を旅立つ際に、自身のトレードマークであった麦わら帽子をルフィに託し、「いつか立派な海賊になって返しに来い」と再会を約束します。

また、ルフィたちがアーロンパークを陥とした後は、手配書を通じてルフィの活躍を喜ぶ姿が見られました。

空島編

白ひげのもとに、部下であるロックスターを派遣させたシャンクス。ロックスターを通じて、白ひげにエースと黒ひげに関する手紙を渡しますが、突き返されることに。

そこでシャンクスは政府が慌てることを承知の上で、自らが直接白ひげの元へ向かうことを決意するのです。

エニエス・ロビー編

療治の酒を持って白ひげ海賊団のもとを訪れたシャンクス。シャンクスの覇王色の覇気は凄まじく、白ひげ海賊団の船員が次々と倒れていく様子が描かれています。

またシャンクスが白ひげをもとに訪れたのは、エースを黒ひげから手を引かせるため。しかし白ひげはそれを受け入れず、お互いに剣をぶつけ合い交渉は決裂します。

マリンフォード編

頂上戦争に際して白ひげの首を取ろうとするカイドウを止めるため、小競り合いを起こしていたことが海軍の発言から発覚します。

移動時間的にも頂上戦争には現れないかと思われましたが、戦争を数秒止めたコビーを救う形でマリンフォードに登場。赤犬の攻撃を静止し、戦争の集結を要求。

ルフィの存在を認知していましたが、今会ってしまうのは約束が違うということで、あえて顔を見せず。そして頂上戦争が終了した後は、白ひげとエースの墓を作り、マルコらと共に2人を弔います

偉大なる航路後半

WCI編

扉絵連載にて、新聞を通じて懸賞金が5億ベリーに上がったルフィを知り、喜ぶ姿が描かれていました。ある荒廃した島で、誰かの結婚式に参加している様子。

ベンベックマンとロックスターの姿も描かれており、赤髪海賊団の誰かが結婚したのではないかと思われます。

またルフィたちがWCIを脱出した後は、再び新聞を通じてルフィのことを知り、再会が近いことを喜ぶ様子を見せていました。

世界会議編

世界会議が開催中に、パンゲア城内にいる五老星のもとを黒いフードを被って訪れたシャンクス。五老星は「君だから時間をとった」という発言を残しており、深い関係を匂わせる描写となりました。

そしてシャンクスはある海賊について話があると言い、五老星と話を始めるのです。

ワノ国編

ワノ国本土には上陸していないものの、ワノ国編で海軍本部にて行われた会議で、ついにシャンクスの懸賞金が40億4,890万ベリーだと明かされます。

シャンクスの名言・名シーン3選

「この帽子をお前に預ける」

麦わら帽子をルフィに預けるシャンクス

海王類に襲われるルフィを、命がけで守り抜いたシャンクス。そんなシャンクスがフーシャ村を旅立つ際に、自身のトレードマークであった麦わら帽子をルフィに託し、この言葉を伝えます

そしてシャンクスは「いつか立派な海賊になって返しに来い」と再会を約束し、ルフィはその言葉を聞いて涙を流すのでした。

ルフィが海賊になる原点となるシーンであり、ワンピースの原点ともいえる名場面でしょう。

「おれは友達を傷つける奴は許さない!!」

普段は温和な性格であり、笑顔を常に振りまいているシャンクス。しかし、友達であるルフィが傷つけられた際には、シャンクスは激しい怒りを覚え、敵に立ち向かっていくのでした。

自分がいくら嘲笑されても怒らない。しかし仲間のためとなれば、その身を扮して立ち上がるのです。そんなシャンクスの生き様が垣間見えた名言です。

「この戦争を終わらせに来た!!」

白ひげとエースが亡くなっても、決して止まることのない頂上戦争。これ以上無意味な死傷者を増やさないため、白ひげの死を侮辱しないため、シャンクスはマリンフォードを訪れ、戦争を止めるよう宣言するのです。

白ひげとはかつて敵という関係でしたが、尊敬できる者には敵であれ敬意を表し弔おうとするシャンクスの姿勢が、非常に色濃く出た場面と言えるでしょう。

シャンクスを取り巻く3つの謎

1:五老星と関係を持つ

ある海賊について話すシャンクス

聖地マリージョアを訪れ、世界政府最高権力者「五老星」と対等に話す姿が描かれたシャンクス。世界会議開催中とはいえ、海賊がその敷居を跨ぐことは本来あり得ません

なぜシャンクスがマリージョアにいることは許されるのかなぜ五老星と対等に話すことができるのかは、シャンクスにまつわる最大の謎と言えます。

2:小競り合い直後に頂上戦争に参加

白ひげの命を狙うカイドウを止めるため、カイドウと小競り合いを起こしていたシャンクス。しかしシャンクスは頂上戦争にすぐに姿を現しており、海軍は登場に驚いていました。

カイドウシャンクスの戦いはおそらく新世界での出来事であり、マリンフォードに来るにはレッドラインを超える必要があります。

船のコーティングには本来長い期間を要しますが、なぜかシャンクスは短期間でマリンフォードを訪れています。

3:目の傷が無いことがある

目の傷を指差すシャンクス

シャンクスの右目には、黒ひげに付けられた三本線の傷がありますが、その傷跡が描かれていないことが多々あります。ビブルカードの表紙にも傷は描かれておらず、意図的なのではと思えるほどです。

シャンクスは2人いる説

3つの謎を持つシャンクスですが、もし「シャンクスが2人いる」のであれば、辻褄が合う点が非常に多いです。

そもそも新世界からマリンフォードへ短期間で向かうことは、コーティングの準備が必要な以上物理的に困難ですが、2人いるなら話は別です。

さらに海賊であるシャンクスが2人いるのであれば、一方が五老星と関係を持っており接触していてもおかしくはありません。目の傷も同様、2人いれば辻褄が合います。

天竜人かもしれない?

しかし一方のシャンクスが海賊でないにしても、なぜ五老星と対等に話すことができるのでしょうか。そこで考えられるのは、シャンクスが天竜人だということ。

そもそも世界政府の組織図上では、五老星と対等以上に話すことができるのはイム様と天竜人のみ。20人いる天竜人は未だ全員が登場しておらず、シャンクスの可能性を残しています。

イム様に関しては、五老星よりも完全に格上の存在とみられるため、シャンクスと五老星の会話シーンを考えると、天竜人の方が可能性は高いと思われます。

トキトキの実の可能性は低い

時間を操るトキトキの実の能力で、高速移動などを可能にしていたのではないかという説がありましたが、トキトキの実はあくまで過去から未来へ行く能力

制御できるのは時間軸だけで、場所の移動までは不可能となっています。つまり新世界からトキトキの実を使ってマリージョアへ移動するのは不可能ということ。

シャンクスはトキトキの実の能力者ではないと思われます。

シャンクスのプロフィール

年齢 39歳
誕生日 3月9日
星座 うお座
身長 199cm
血液型 XF型
出身 西の海
好物 キムチ炒飯、ロブスター
CV 池田秀一

四皇の解説はこちら

主要キャラの現在状況はこちら

(C)尾田栄一郎
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。