マンガワン

夜人10話のネタバレ&結末

夜人010話のネタバレ

マンガワン連載「夜人」の概要

彼女には・・・見える。

空木と高条は仲の良いごく普通の男子中学生だった。
だがある日突然、幽体離脱してしまう。

「夜人(やじん)」と呼ばれるその姿は、夜にだけ使える。
自由に空を飛び、壁をも通り抜けられる。
人には見えず、のぞきもやりたい放題の夢の姿。

たが「幽霊が見える」少女・恩田衣子に、招待を見破られる。
そして時を同じくして自分たちも幽霊を見ることができ、さらには触ることすらできることに気づく…。

果たして「夜人」とはいったいなんなのか?
迫りくる夜の恐怖の住人たちに立ち向かえるのか?
謎を抱えたままの少年少女たちは、今日も夜の冒険に出かける。

010話のネタバレ


カラスにバラバラにされた夜人たち。
「鈴木さん」の力があれば、壊れた身体も修復できるらしい。

一方、夜人と対峙する衣子。ピコは夜人に対して威嚇をしている。
夜人でもないのに自分たちが視認できる衣子に対して、警戒する夜人たち。
「なぜその姿で夜人を見ることができるのか」と。

夜人なんて知らないという衣子。
それに対して夜人は「普段霊を見ることはあるのか」と問う。
その質問を無視して衣子は帰ろうとするが、夜人たちがそれを阻む。

夜人のひとりが、高条にやったように衣子の「線」を切ってしまおうと提案する。
だが衣子は幽体離脱をしておらず、「線」を切ることはできない。
それを聞いて驚く夜人たち。

舞台は変わり、高条の自宅。
高条が死んだと信じきれない空木と高条が自宅へ向かうと、高条の死体がなぜか見つからない。
探していると高条の身体が歩いているのを発見する。
「うの うの」とつぶやきながら…。

顔を見ると、前に退治したはずのうの子と同じ顔をしている。
高条が近づくと、うの子(高条の本体)へと霊体の一部が吸い込まれていく。どうやら食われているようだ。
なんとか間一髪で高条を救い出し自宅の外へ出る。
自分が自分を食おうとしていたと混乱する高条に対して、落ち着けと言う空木。

一緒に来ていた寄る人に聞くところだと、うの子は退治できておらず実際には逃げ延びたらしい。
その後粒子状になりながら2人の近くをさまよい、身体を盗む機会をうかがっていたのだと。

舞台は戻り、衣子と夜人たち。
カラスにやられて身体がバラバラになった夜人に対して、触れるよう衣子が言われる。
嫌だとはねのけたが、油断して夜人に触れてしまった。
すると夜人の身体がみるみるうちに修復していった。

「鈴木さん」や「禍津」と同じ能力らしく、それを見た夜人たちが衣子にひれ伏し始めた。
あなたは「夜叉」、夜人のあるじであるという謎の発言と共に。

(C)岡部 閏
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。