五等分の花嫁

五等分の花嫁52話のネタバレとあらすじ

アパート暮らしを始めた五つ子だったが、さっそく仲良しっぷりを発揮し1部屋で全員が寝ていた。
ベッドを買うお金もなく布団で寝ており、ベッドが恋しいという二乃。
五つ子が起き出してきて、わいわいと騒ぎ始める……

五等分の花嫁52話のネタバレ

週刊少年マガジン連載「五等分の花嫁」の概要

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 
全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ!

中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

これまでのネタバレ

あわせて読みたい
五等分の花嫁51話のネタバレとあらすじ...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

52話「今日はお疲れ①」ネタバレ

アパート暮らしを始めた五つ子だったが、さっそく仲良しっぷりを発揮し1部屋で全員が寝ていた。
ベッドを買うお金もなく布団で寝ており、ベッドが恋しいという二乃。

五つ子が起き出してきて、わいわいと騒ぎ始める。
が、一花だけは他の五つ子が騒いでいる中ぐっすりと寝ていた。
すでに汚部屋の片鱗を出していて、布団の周りにはものが散乱している。

見かねたフータローが起こしに行くと、一花は服を着ておらず五つ子に別の部屋へつまみ出される。
そもそも、なぜ五つ子の寝室に平然と入ってきているのかとツッコむ二乃。

—————-
さっそく勉強に取り掛かるフータローたち。
五つ子は父親に反発して家を飛び出してきただけあって、以前とは比べ物にならないくらいモチベーションが高い。
全員で赤点を回避して、父親にフータローを認めさせるのだと意気込む。

3学期末のテストに向けて、まずは冬休みの課題を片付けるというフータロー。
しかし五つ子はすでに終わらせており、フータローを驚かせる。

いざ勉強を始め、まず三玖がフータローにわからないところを教えてもらう。
フータローが間近で教えているため、ドキドキと意識をしてしまう三玖。
そしてそんな2人の様子を、二乃はなにやら気になる様子でじっと見つめている。

一方、一花は勉強中もしきりにウトウト寝てしまっておりフータローが怒ろうとする。
しかしそれを二乃がたしなめる。
一花は五つ子が父親の援助を受けずに生活できるよう、これまでよりも仕事を増やしているようだった。

無理して勉強できないと本末転倒だというフータロー。
そこへ、私たちも働かないかとみんなへ提案する五月。

働いた経験が無いのに大丈夫かというと、五月は家庭教師をすれば一石二鳥ではないかと言う。
フータローは、教えられる子どもが可哀想だと一蹴する。

五つ子は、それぞれやりたいバイトを出して盛り上がる。
すると二乃の話題になり、実は二乃は自分の(料理)店を出すのが夢だったのだと判明する。

期末試験を突破すれば家に帰ることができ、そうすれば生活費も気にする必要がない。
だからそのためにも勉強を今は頑張れというフータロー。

仕事で無理をしてコタツで寝てしまっている一花を見ると、突然服を脱ぎ始める。
(一花は家で寝ていると服を脱いでしまう悪癖がある)

自分は悪くないのに、五つ子に変態と罵られるフータロー。
五つ子の家庭教師という仕事をナメていたと、改めて気付かされたのだった。

—————-
家庭教師は実質収入が無いも同然なので、フータローは別のバイトで稼ぐことにする。
厨房で料理を作るが、見た目は良くても味がまだまだ追いつかない。

失敗作を作って落ち込んでいると、店長から今日はもう帰っていいからと冷たい目で言われる。
まさかクビ……?と不安になるが、店を映画の撮影で貸し出すため午後から閉めるのだと言う。

見学していくかと聞かれるが、女優にまったく興味の無いフータローはすぐに帰ろうとする。
するとそこに女優たちが到着する。
女優の中には何やら見知った顔があり、よく見るとそれは一花だった。

仕事は少なくしているとフータローに言っていた一花が、さっそく撮影の仕事をしている。
これはどういうことなのかと、フータローは凄みのある表情を浮かべ「知っている女優がいるから、やっぱり見学していく」と店長へ言う。

気まずい遭遇をしてしまった一花……!53話へと続く。

これまでのネタバレ

あわせて読みたい
五等分の花嫁51話のネタバレとあらすじ...

続きの話のネタバレ

あわせて読みたい
五等分の花嫁53話のネタバレとあらすじフータローのバイト先が映画の撮影に使われることになった。しかしそこへ女優としてやってきたのは一花で……。仕事をセーブしていると言っていた...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)春場ねぎ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。