アクタージュ

アクタージュ32話のネタバレとこれまでのあらすじ【act-age】

雨の中、突然夜凪の元を訪ねてきた千世子。阿良也の才能を目の当たりにして落ち込んでいる夜凪の様子を見抜き、渋谷へと遊びに連れ出す。千世子の目的とは一体……!?

アクタージュ32話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「アクタージュ act-age」の概要

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。
未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ少女が1人──

天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー、開幕!!

これまでのネタバレ

あわせて読みたい
アクタージュ31話のネタバレとこれまでのあらすじ【act-age】役作りのやり方を阿良也に聞くことにした夜凪。 阿良也を探しに行こうとすると、ちょうど戻ってきた阿良也と出くわして、しかも夜凪を探してい...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

31話までのあらすじ

夜凪の家に3人で向かい、ルイとレイが寝静まったあと夕ご飯を食べている。
夜凪が阿良也に、本当に役作りを教えてくれるのかと聞くと、もちろんと返してくる。

そこで、突然「弟妹のことを疎ましく思ったことはあるか」と聞いてくる阿良也。
夜凪がぽかんとしていると、阿良也はこの家からは大人の臭いがしないと言う。
まだ10代なのに、弟妹のせいで大人であることを強いられているのではないかと。

自分の感情に正直であることは役者の条件である、と言う阿良也は夜凪によく思い出すよう畳み掛ける。
本当は弟妹なんていなければよかった、と思った日もあるのではないかと。

夜凪の話を聞いて、ジョバンニの気持ちを理解した阿良也は雨の中びしょ濡れになりながら帰っていく。

阿良也が帰ってしばらくして、夜凪の家の扉がノックされる。
開けるとそこにいたのは、スーツケースを持った千世子だった。
そして、なんの脈絡もなく泊めてくれとお願いされ、夜凪の家に泊まることになる。

雨の中、突然訪れた千世子の意図とは……!?

32話のネタバレ

千世子とアキラと夜凪、3人が机を挟んで座っているという不思議な構図。
お茶を飲み終えた千世子は、なぜここにアキラがいるのか、熱愛していたのかとからかってくる。

違うと否定すると、どうして夜凪が落ち込んでいるのかと見透かしてくる。
夜凪は、阿良也というバケモノみたいな才能を持った役者を目の当たりにして、自信を喪失しているのだ。

このままじゃカムパネルラを演じられない、と弱気になる夜凪。
それを聞いた千世子は、明日一緒に出かけようと持ちかける。
友だちといるときは、笑っているべきだと。

—————-
翌日、2人は変装して渋谷の街を訪れる。
さっそく歩き出そうとする千世子に、まだ役作りができていないのに遊びに出かけるのは……と負い目を感じる夜凪。

それを聞き、千世子は涙を浮かべてグズり始める。
夜凪はあたふたして、やっぱり遊びに行きたいとつい答えてしまうが、その瞬間千世子はケロッと泣き止む。
芝居にしてやられた夜凪であった。

2人はクレープを食べたりカラオケに行ったり、普通の女子高生のように楽しむ。
プリクラを撮ったあとTSUTAYAのスタバでくつろぎながら、おしゃべりをしている2人。

しかしまだ浮かない顔をしている夜凪に、次は109に行こうと千世子が提案する。
すると、夜凪は元気づけようとしてくれる千世子にお礼を言う。

いつもキラキラしていて遠くを見ていて、誰よりも優しい。
そんな千世子は、夜凪にとってカムパネルラそのものなのだと言う。

そして、夜凪はカムパネルラになれるとは思えないと弱音を吐く。
役に成りきれずに、劇団のみんなに迷惑を掛けてしまうぐらいなら、いっそ降板したほうがいいと。

黙って聞いていた千世子は、コーヒーフラペチーノの入ったプラチックのカップを突然ぐしゃっと握りつぶした。
千世子は変装を解き、TSUTAYAの目立つあのガラス張りの窓から身を晒す。

周りの人たちが徐々に気付き始め、千世子をカメラで撮り始める。
それを見せながら、夜凪に「この人達が取っているのは自分か」と問う。

世間は千世子のことを、美少女や天使と呼ぶ。
しかし、自分ではそんなふうには思っていない。
つまり、役とはあくまで見る人がどう思うかであって、その人そのものではないのだ。

千世子は今日、「平凡な女子高生」の役作りに来ているのだという。
夜凪を元気づけるために連れ出したのではなく、あくまで利用しただけなのだ。

千世子は、カムパネルラについて話しはじめる。
いつもキラキラしていて、どこか遠くを見ていて、誰よりも優しい。
それは、千世子にとっての夜凪であって、初めから夜凪は千世子のカムパネルラなのだと言う。

つまらない悩み方をするな、と発破をかける千世子。

—————-
帰りの車の中、アキラと2人きりになった千世子は、「夜凪も」役作りに悩んでいたのかとつぶやく。
知っててきたのではないかというアキラに、そんなわけないと返す千世子。

そして、夜凪に1つ嘘をついてしまったと告白する。
実は「平凡な女子高生」の役作りではなく、「人を殺したことを隠して友人と遊ぶ女子高生の役」だったのだ。

どういう感情か知りたくて、血の着いた本物の包丁を持ち歩きながら夜凪と遊んでいたのである。
友だちといると、自分の罪を忘れてしまったりするなど勉強になったという。

そして、グズグズしていると置いていっちゃうよ、と誰に言うでもなくつぶやく。

—————-
舞台の上で、夜凪は上を見上げている。
阿良也がやってきて、星が見えるのかと聞くと、うんと答える夜凪。

何を「喰った」のかと聞くと、憑き物の取れたような顔でコーヒーフラペチーノだと答える。

そのやり取りを上から客席の上から眺める巌は、もう変わり始めたのかと驚く。
そして、ここからは演出家の仕事だと気合を入れる。

ついに動き出す演出家・巌……!33話へと続く。

これまでのネタバレ

あわせて読みたい
アクタージュ31話のネタバレとこれまでのあらすじ【act-age】役作りのやり方を阿良也に聞くことにした夜凪。 阿良也を探しに行こうとすると、ちょうど戻ってきた阿良也と出くわして、しかも夜凪を探してい...

続きの話のネタバレ

あわせて読みたい
アクタージュ33話のネタバレとこれまでのあらすじ【act-age】立ち稽古に入って20日、本番まであと30日を控えて夜凪はカムパネルラの役をモノにしていた。 劇団のメンバーたちは、夜凪が急激な変貌を見...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)マツキタツヤ、宇佐崎しろ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。