鬼滅アニメ版

アニメ「鬼滅の刃」の続きは漫画何巻から?1巻から買うべきかについて

アニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の続きが漫画何巻から解説しています。アニメ鬼滅の刃が何話まで放送され、漫画版は何巻から買った方が良いのかを解説しています。

アニメ版は何話まで放送した?

2クール26話で放送終了

アニメ鬼滅の刃のKV
鬼滅の刃のアニメ版は26話まで放送されました。漫画版の内容と照らし合わせると、漫画版の1〜6巻部分に相当します。

アニメ版の終盤をおさらい

1.炭治郎たちの怪我が治る

治療をしている炭治郎

那田蜘蛛山での戦いで、重傷を負った炭治郎・善逸・伊之助の3人。胡蝶しのぶの蝶屋敷で治療を受けることになり、治療の一貫として「機能回復訓練」を行っていました。

3人は訓練期間に「全集中・常中」を習得し、剣士として1段階上の存在へと成長することができたのです。

2.下弦の鬼は残り1体だけ

鬼舞辻無惨直属の配下である12体の精鋭の鬼「十二鬼月」。12体は実力に応じて順位付けされており、実力でNo.7〜No.12にあたる下弦の鬼が、無惨のもとに呼び出されていました。

無惨は下弦の伍「累」が死んだことで、怒りが爆発しており、下弦の鬼を解体することに。下弦の壱「魘夢」以外の鬼は、全員が無惨によって殺害されてしまいます。

3.次の舞台は無限列車へ

煉獄の画像

蝶屋敷での修業を終えた炭治郎・善逸・伊之助は、次なる任務の地「無限列車」に到着します。そこでは、短期間のうちに40人以上もの人が行方不明になっていました。

炭治郎たちは無限列車内にて、炎柱である煉獄杏寿郎と合流。協力して無限列車にいる鬼を退治することに。そして無限列車には、下弦の壱「魘夢」が乗り込んでいたのでした。

アニメ「鬼滅の刃」の続きは何巻から?

漫画7巻からが続き!

鬼滅の刃7巻の表紙(伊之助)

鬼滅の刃7巻のあらすじ

“柱”の一人、しのぶの計らいで戦いの傷を癒し、全集中・常中を会得した炭治郎たち。そして新たな指令で”無限列車”に乗り込む一行は、炎柱の煉獄と共に、列車に潜む鬼を退治する! だが、それは鬼が作り出した夢の中の出来事で、炭治郎たちは夢にとらわれてしまう!! この窮地から抜け出す道はあるのか!?

アニメ版の続きは、漫画7巻の74話からになります。内容としては「炭治郎たちが無限列車へと乗車したところ」からです。

7巻の表紙に描かれているのは猪頭を取った「伊之助」。7巻以降はついに柱たちの本気の戦闘シーンが描かれ、アニメ1期以上に盛り上がる展開が続きます。

アニメ鬼滅の刃を面白いと感じた方はぜひ読んでみてください。

鬼滅の刃7巻を無料で読む

何巻から読むべき?

7巻から読めばOK

鬼滅の刃のアニメを見た方は、無理に1巻から買わず7巻から買うことをおすすめします。アニメ版は漫画版の1〜6巻を丁寧に描いており、7巻以降の話にスムーズに入れます。

漫画1〜6巻には限定4コマ漫画などが描かれていますが、本編には関係ないため、まずは7巻を買ってストーリーを楽しむ方が満足度は高いです。

ぜひ7巻から読んでみてください。

※鬼滅の刃最新刊が無料で読める!

鬼滅の刃7巻の表紙(伊之助)

鬼滅の刃7巻が配信中!U-NEXTでは無料トライアル登録をするだけで7巻を「無料」で読むことができます!

7巻だけではなく、話題沸騰中の最新巻も読めてしまいます。

30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

鬼滅の刃7巻を無料で読む

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。