五等分の花嫁

五等分の花嫁42話のネタバレとあらすじ

昔の思い出の「写真の子」が目の前に現れた。
久しぶりと言われるが、顔が隠れているためフータローは誰だか思い出せない。
これなら思い出せるかな、と当時引いたおみくじを出される。
さすがにフータローも心当たりがあったのか、手帳から写真を取り出し「写真の子」であると気付く。
……

五等分の花嫁42話のネタバレ

週刊少年マガジン連載「五等分の花嫁」の概要

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 
全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ!

中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

これまでのネタバレ

https://bookwiz.me/gotobun41

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

42話「七つのさよなら④」ネタバレ

昔の思い出の「写真の子」が目の前に現れた。
久しぶりと言われるが、顔が隠れているためフータローは誰だか思い出せない。

これなら思い出せるかな、と当時引いたおみくじを出される。
さすがにフータローも心当たりがあったのか、手帳から写真を取り出し「写真の子」であると気付く。

しかしフータローは、気付くやいなや全力で逃げ始める。
引き止める写真の子に対して、俺はまだお前には会えないと頑なだ。

すると写真の子はフータローの手帳を奪い、返してほしければ言うことを聞くようにと言う。
もう逃げられないようにと、ボートへと連れて行かれるフータロー。

ボートを漕ぎながら、フータローが名前を聞くと「零奈」と名乗る。
五つ子の誰でもない、ゼロの存在であると。

なぜここに来たのかというフータローに対して、今の君に会いに来たと言う零奈。
金髪ヤンキーだったあの頃から変わり、今では学年1位の成績を取っていて、更に家庭教師までしているのは凄いと。

その話は誰に聞いたのかとフータローが言うと、零奈は細かいことは気にするなと動揺する。
教えているのはどんな生徒なのかと聞く零奈。

するとフータローは口元に笑みを浮かべながら五つ子の特徴を話していく。

・長女は夢を追っているが根気だけはある馬鹿
・次女は姉妹贔屓ですぐ噛み付いてくる馬鹿
・三女は卑屈だが最近は生き生きしている馬鹿
・四女は脳筋でやる気はあるが悩みの種になっている馬鹿
・五女は真面目だが本当はもっとやれる馬鹿

と最後に必ず「馬鹿」と添えるが、それぞれと真剣に向き合って良く観察しているようだった。

それを聞いた零奈は、意外そうな照れ隠しをしているような表情を浮かべて固まる。
そして、フータローはもう「必要とされる人」になっていると満面の笑みで返す。

しかしフータローは、あの日から何も変わっていないと表情を曇らせる。
それを見た零奈は、フータローを縛ってしまっている想い出の自分は消えるべきだと言う。
そこへ突然噴水が上がる。

飛沫に濡れながらもなんとか船着き場まで漕ぎ切り、零奈は先に上がった。
そして手帳を返すが、幼い2人が写った写真は返してくれない。

理由を聞くと、零奈はもうフータローには会えないから言う。
返してくれと懇願するフータローに、零奈はゴソゴソと懐を探って代わりにおみくじを投げ渡す。
「自分を認められるようになったら開けて」と言い添えて。

去ろうとする零奈を追いかけて上がろうとするが、フータローはバランスを崩して池へ転落してしまう。
転落する間際に、悲しげな表情を浮かべて別れの言葉を告げる零奈。

なんとか陸まで上がった頃には、もう零奈はいなかった……。

ビショビショになったフータローがあてもなく歩いていると、四葉が通り掛かる。
部活のランニング中だったようで、部長に連れられそのまま行ってしまう。

—————-
二乃がホテルに戻ると、エントランスではビショビショになったフータローが佇んでた。
ホテルの従業員に追い出されそうになっており、観察していると意外にもあっさりと引き下がっていく。

フータローはとても悲痛な表情を浮かべていて、それを見た二乃はいても立ってもいられずタオルを投げ渡す。
そして、そこに立っているのは邪魔だから部屋へ入れと招き入れる。

二乃の心境にどんな変化があったのか……?43話へと続く。

これまでのネタバレ

https://bookwiz.me/gotobun41

続きの話のネタバレ

あわせて読みたい
五等分の花嫁43話のネタバレとあらすじ結末昔京都で出会った「写真の子」を追いかけて、池に落ちてびしょ濡れになってしまったフータロー。 二乃が自分の泊まっている部屋に入れるが、2...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)春場ねぎ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。