アクタージュ

アクタージュ27話のネタバレとあらすじ

舞台演出家「巌裕次郎」の舞台で主演の1人を演じることになった景。
武光にそれを伝えると巌には気をつけろと言われ、身の危険を感じたら逃げろと脅される。
翌日、台本を読んでも内容が入ってこなかったことを巌に伝える景。
まだ台本読みはしなくても良いらしく、しばらくは見学をするように言われる……

アクタージュ27話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「アクタージュ act-age」の概要

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。
未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ少女が1人──

天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー、開幕!!

これまでのネタバレ

準備中

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

27話「課題」ネタバレ

舞台演出家「巌裕次郎」の舞台で主演の1人を演じることになった景。
武光にそれを伝えると巌には気をつけろと言われ、身の危険を感じたら逃げろと脅される。

翌日、台本を読んでも内容が入ってこなかったことを巌に伝える景。
まだ台本読みはしなくても良いらしく、しばらくは見学をするように言われる。
まずは舞台俳優がどんなふうに演じているかを、実際に観察して自分との違いを見つけることが必要なのだと。

武光から聞いていた前評判ほど怖くないと安堵する景だったが、さっそくミスをした劇団員に巌は杖を槍のごとくぶん投げる。
武光の言っていたことは概ね間違っていなかったのだ。

見学した上で喜怒哀楽を表現しろと言われるが、表情のみで表現する景に一同呆れている。
亀太郎が実際に表現することになり、全身を使ってオーバーにわかりやすく喜怒哀楽を表現した。
舞台で表現するためには、伝わりやすさも重要なのだ。

巌は、過去自分の伝わりにくい芝居で誤解を招くことは無かったかと景に聞く。
いっぱいあると景が言うと、巌は「深さ」と「伝わりやすさ」を両立しろと伝える。
芝居は表現であることを知る必要があると。

10日以内にその両立するという課題がクリアできないと降板だと言われ、焦る景。
スタジオに戻ってからみんなに相談すると、墨山は役者のタイプについて説明を始める。

大体の役者は、感情をそこまで掘り下げずに表現でカバーする。
一方で景は感情を思いっきり深く掘り下げるが、そこから戻ってくることができない。

千世子は景と全く逆で、役の感情を全く掘り下げないが表現力がずば抜けており、誰が見ても綺麗なのだという。
そして阿良也は景とタイプが近いが、役の感情を深く掘り下げた上でしっかりと表現する技術もある。

すると、そんな話をしている中テレビに先日阿良也の舞台挨拶に行った時の映像が映される。
アキラと景が一緒にいるところを、熱愛スキャンダルとして扱われてしまったのだ。

スターズ社長の星アリサはその放送を見て、損失を出さないためにも対策を打つ必要があると判断する。
アキラと景があの場にいた必然性を作り出すべく、巌裕次郎の舞台にアキラも出演させ3人が共演するという形を整えることにした。

表現に苦しむ夜凪景、そこにアキラ参戦……!?28話へと続く。

これまでのネタバレ

準備中

続きの話のネタバレ

準備中

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)マツキタツヤ、宇佐崎しろ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。