鬼滅の刃

鬼滅の刃11話(アニメ6話相当)のネタバレとあらすじ

人間を鬼に変えられる血を持つ鬼はこの世にたった一体のみ。
一番始めに鬼となった者”鬼舞辻無惨”炭次郎の仇であり、唯一禰豆子を人間に戻せる方法を知っているかもしれないと期待する炭次郎。
対峙している三体の”沼の鬼”から何とか無惨のことを聞き出そうとするが…。

鬼滅の刃11話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要

時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。
ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。
唯一、一命をとりとめていた妹・豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。
その途中、豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。

鬼と人との切ない物語__。

前回10話のネタバレ

あわせて読みたい
鬼滅の刃10話(アニメ6話相当)のネタバレとあらすじ時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

1分でわかる11話の簡易ネタバレ

・人間を鬼に変えられる血を持つ鬼は、この世にたった一体のみ。
・それは、一番始めに鬼となった者”鬼舞辻無惨”である
・無惨は炭次郎の仇であり、唯一禰豆子を人間に戻せる方法を知っている
・対峙している三体の”沼の鬼”から何とか無惨のことを聞き出したい炭次郎
・沼の鬼が持っている髪飾りを見て里子は喰われてしまったことを悟った
・炭次郎が沼の鬼に攻撃されそうになった時、鱗滝がかけた暗示により禰豆子は炭次郎の助太刀をする

11話の詳細ネタバレ

人間を鬼に変えられる血を持つ鬼はこの世にたった一体のみ。千年以上前一番始めに鬼となった者”鬼舞辻無惨”は炭次郎の仇であり、唯一禰豆子を人間に戻せる方法を知っている可能性があることを鱗滝左近次から聞く。
対峙している三体の”沼の鬼”から何とか無惨のことを聞き出したい炭次郎だが、守りながら沼の鬼を斬るのに苦戦している。

沼の鬼は若い娘をずいぶん喰った後で、喰った娘のかんざしを集める趣味があった。その中に里子がつけていたリボンを見つけて里子は喰われてしまったことを悟った。

怒った炭次郎は沼の鬼に攻撃を仕掛けるがもう一体の沼の鬼に後ろをとられてしまう。箱に入っていた禰豆子は蹴りを繰り出し間一髪を逃れる。
鱗滝があらかじめ禰豆子が眠っているときに”人間は守れ” ”鬼は敵だ”という暗示をかけていたおかげか、人間を襲わず鬼を攻撃するような行動をとった。

次回、禰豆子の助太刀により戦いはどう動くか___。

これまでのネタバレ

あわせて読みたい
鬼滅の刃10話(アニメ6話相当)のネタバレとあらすじ時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族...

続きの話のネタバレ

https://bookwiz.me/kimetsu12

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)吾峠呼世晴
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。