約束のネバーランド

約束のネバーランド96話のネタバレとあらすじ

戦いに勝ち、満身創痍のエマを急いでシェルターまで連れていく「おじさん」。
他の鬼たちに追われながらも、エマを励ましながら死なないように急ぐ。
シェルターでは、残された子どもたちがエマたちの帰りを待っていて、夕飯の獲物を狩りに行くために、シェルターの入り口に行くとボロボロのおじさんとエマが入ってくる……

約束のネバーランド96話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「約束のネバーランド」の概要

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。

真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

これまでのネタバレ

準備中

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

96話「おかえり」ネタバレ

戦いに勝ち、満身創痍のエマを急いでシェルターまで連れていく「おじさん」。
他の鬼たちに追われながらも、エマを励ましながら死なないように急ぐ。

シェルターでは、残された子どもたちがエマたちの帰りを待っている。
夕飯の獲物を狩りに行くために、シェルターの入り口に行くとボロボロのおじさんとエマが入ってくる。

レイがいないことを不審がりながらもおじさんの侵入を許し、ベッドへとエマを寝かせる。
輸血など治療を進めないといけないが、ギルダが爆破スイッチを持ってやってくる。

何かあって戻ることになっても、エマかレイのどちらか1人は生かして帰してほしいという約束をしたのを思い出し慌てるおじさん。
帰ってきたエマが死んでいたら、ギルダにシェルターを爆破されてしまうのだ。

なんとかして弁解しようとしていると、子どもたちの1人がエマの脈を見て生きていることを確認する。
まずはエマの治療を最優先することにした一同。

一方レイは、GPのメンバーと見張りをしていた。
GPのみんなはエマから助けてもらったことを思い出し、助かって欲しいとみんなで願う。

—————-

目をさますとエマは知らないベッドで寝ていた。
ハウスの部屋かと思い、自分はもう死んだのではないかと勘違いするエマ。
しかし周りを見ると、レイ含めたみんながエマを見守っており、自分がシェルターにいるのだと気付く。

ルーカスなど猟場で出会ったメンバーも合流していて、聞くところによるとエマは猟場を出て4週間も眠っていたのだという。
エマの目覚めを聞いたおじさんも入ってきて、ユウゴが本名なのだと伝え、これまでの振る舞いを反省する。
エマもユウゴに感謝を伝える。

レイたちは追っ手が来ることもなく、1週間前に戻ってこれたらしい。
サンディやポーラなど、猟場で負傷した仲間は未だ動けず寝たきりになっているようだ。

4週間も眠ってしまったと焦るエマは、ギルダにみんなを集めるよう依頼する。
そして、ミネルヴァが遺した情報を元にした「GFの仲間を連れてくる計画」を話しはじめる。

GFのフィルたちを連れ戻す秘策とは……!97話へと続く。

これまでのネタバレ

準備中

続きの話のネタバレ

準備中

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)白井カイウ、出水ぽすか
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。