僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)197話のネタバレとあらすじ

蛙吹梅雨が3人いる……!?A組VSB組の合同戦闘訓練で、宍戸の猛攻により1人分B組にリードされてしまっているA組チーム。蛙吹の言う「作戦」で逆境をひっくり返すことはできるか?気になる197話がスタート!

僕のヒーローアカデミア197話のネタバレ

週刊少年ジャンプ連載「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」の概要

特殊能力者ここに集結!!
超ド級ヒーローアクション!!

誰もが何かしらの超常能力・”個性”を持つようになった世界!”個性”を悪用する敵<ヴィラン>を、圧倒的な力で取り締まる「ヒーロー」は皆の憧れの存在となっていた!主人公・緑谷出久(通称「デク」)もまた「ヒーロー」になることを夢見る少年だったのだが…!?

これまでのネタバレ

あわせて読みたい
僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)196話のネタバレとあらすじ心操人使の個性「洗脳」が発動する条件は、「こいつを洗脳する」と対象に意識を集中させ、対象が心操の問いかけに返答すること。そして、ある程度...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

196話のあらすじ

想像以上に強くなっているB組に、認識を改める蛙吹たち。作戦を練り直すことにする。
自分のせいだと言う心操に、戦闘向きではない心操を前線に出した自分が悪いと謝る蛙吹。

作戦がある、とドロドロの体液を出しながら蛙吹が言う。

調子の良い滑り出しに、調子づくB組チーム。
上鳴が面倒だが、他2人を捕まえれば勝利だと意気込む。

そこへ、蛙吹が3人に分身(?)して向かって来ていた。
塩崎が茨を出し、全力で迎え撃とうとする。

蛙吹が3人いるカラクリとは何なのか。
そして、A組は不利な状況をひっくり返せるのか……!?

197話のネタバレ

蛙吹が3人で向かってきていると宍戸は言っているが、実際は分身しているわけではなかった。
観客も、宍戸は何を言っているのかと訝しんでいる。

デクと峯田は、蛙吹の特性を思い出しピンと来ているようだった。
蛙吹はカエルができることはほとんどできるのだが、毒性の粘液を出すことも可能。

その粘液を他の2人(上鳴と心操)に塗ることで匂いを上書きし、嗅覚で判断している宍戸を騙しているということだ。

宍戸の嗅覚は精度がかなり高いため、場所は常にバレているのと同じ。
だから全員が蛙吹と同じ匂いになり、どこに「誰が」いるかをわからなくしてしまおうという作戦である。

—————-

一方塩崎は、茨のツルをそこら中に展開して、宍戸のナビを元にA組チームを引きずり出そうとしている。
そして1人を捕獲するが、つかまえたのは上鳴だった。

B組は3人が固まっていたため、電撃で全員しびれさせようとする。
しかし塩崎の対策は完璧で、上鳴を包み込んで放電を封じた上で、受け流す用の盾まで茨で作ってしまった。

と思いきや、上鳴は宍戸に付着したポインターに向かって電撃を放った。
だが、今度は鱗飛竜の放ったウロコによりポインターを宍戸から外されてしまう。

鱗飛竜の個性は「ウロコ」で、体中を鱗にした上で飛ばしたり防具にしたりできるのだ。

塩崎は、鱗からツルを張り直すよう指示をされ動こうとするが、返答した瞬間固まってしまう。
指示をしたのは声を変換した心操であり、塩崎は洗脳されてしまっていた……!

—————-
少し前、塩崎のツルが張り巡らされた光景を見て、上鳴たちは対策を考えていた。
捕まったら終わりだという心操に対して、上鳴は自分が捕まればいいのではないかと提案する。

向こうは上鳴を一番警戒しているのだから、捕まってそこで上鳴が暴れれば全員がそこへ注目し、索敵が薄くなるかもしれない。
その隙に、蛙吹と心操が攻め入れば勝ち筋になる可能性があるという。

心操はその作戦を聞き、こなした場数の違いをまざまざと突きつけられた。

—————-
鱗と宍戸は、残りの2人の位置を特定すべく動き始める。
宍戸が心操の洗脳を警戒するあまり、鱗が話しかけても声で返答せず、身振り手振りでしか反応しない。
心操が場を支配しているせいで、コミュニケーションがうまく行かなくなってしまっていた。

鱗はとりあえず、洗脳されている塩崎を助けようとするが、そこへ蛙吹が舌を伸ばして塩崎を連れて行ってしまう。
そして蛙吹はそのまま、建物の色と同化をして隠れる。

見えなくなってしまったため、鱗が宍戸に蛙吹の位置を聞く。
しかしコミュニケーションが取れないまま、死角から蛙吹のドロップキックを食らって鱗はダウンしてしまう。

一方、蛙吹の匂いの動きで嗅ぎ分けがつくようになった宍戸は、潜んでいる心操の元へ急ぐ。
入り組んだ配管の中にいるのを見つけ、心操のほうへ飛びかかっていく。

イレイザーヘッドと同じ操縛布が上のパイプに結び付けられており、宍戸が来た瞬間に引っ張り宍戸の頭へとパイプをブチ当てる。

ビースト化しているためダメージは大したことない、と心操へ追撃しようとするが、そこへ鱗の声で「避けろ黙示録(宍戸のあだ名)」と呼びかけられる。
また洗脳のボイスチェンジャーだろうと考え耳を貸さないが、なぜ心操が黙示録という呼び名を知っているのかと疑問に思う。

その瞬間、宍戸の頭にふっ飛ばされてきた鱗がクリティカルヒットする。
あの声は、蛙吹に投げ飛ばされた鱗の本当の呼びかけだったのだ。

鱗と宍戸はダブルKOとなり、塩崎は洗脳が継続している。
A組チームはB組チーム全員を牢へと放り込み、無事勝利したのだった。

場を支配する心操の個性が炸裂……!198話へと続く。

これまでのネタバレ

あわせて読みたい
僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)196話のネタバレとあらすじ心操人使の個性「洗脳」が発動する条件は、「こいつを洗脳する」と対象に意識を集中させ、対象が心操の問いかけに返答すること。そして、ある程度...

続きの話のネタバレ

あわせて読みたい
僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)198話のネタバレとあらすじ心操の強力な個性が炸裂!そしてチームワークを活かした機転が功を奏し、見事B組に勝利したA組。次の試合はどことどこが当たることになるのか。...

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

(C)堀越耕平
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。